ごまかしが効かなくなってきた40代

四十代のわたくしがふだん、最も気を遣っているところ。
第一に顔のツヤを良くすることです。

40歳を過ぎると疲れがもろに顔に出ますよね?
二十代ではそんなに気を付ける事もなかったのですが年齢を重ねて、睡眠や食生活をとても注意するようになりました。
誤魔化しが効きませんからね。

しっかり寝て、よく食べ、盛んに色んなフルーツを食べるように心掛けています。
豆腐やお茶、ヨーグルトなども進んでとり入れるようにしています知り合いにお茶を入れるのが趣味の人がいて、その方は60歳過ぎてますが若く見えて肌も綺麗です。

60代には全然見えないうらやましいほどの色白で艶肌なので、好んで食べているものは何かと聞いてみると大豆食品が好きで普段からお抹茶をのみぐっすり眠りよく食べるのだそうです。
更年期障害も関係なさそうで女の子のようにとっても元気です。

女性ホルモンが急激に減少する40代半ば。
何ごとも無く更年期の不調を切り抜ける為にも綺麗なお肌でいる為にも現在の食生活や睡眠は50代や60代の自己投資だと思っています。

あたしが美容関係で、気を使っていることは、熟睡するという事。
過去に、心労がたたり熟睡できなかった事が六ヶ月前後つづきましたが、そのときのお肌の状況はサイテーでした。
寝不足のために、青い「クマ」が出来、お肌の血行がわるくなっていて、「シワ」が気になるほどでした。

眠る時間が足りないことで、このように肌ダメージがあるなんて意外だったので、びっくりしました。
不安要因が排除されてからは、前と同じように快眠できるようになったのだけど、それからというもの「睡眠」捉え方が変化しました。

最大限に、10時から2時の、お肌のゴールデンタイムのあいだには、ベッドに入るようにしています。
とは言っても22時には寝れる気がしないので、午後十一時~午前零時の間には就寝します。

また、快眠になるように、ベッドルームは完全に真っ暗にして、物音で目が覚めたり、快眠が妨害されないように、「耳せん」を装着して眠っています。
ぐっすりと眠るのは、現にお肌に良い効果を与えてくれますし、体の調子も整います。

美容の事で大事なのは、大変な事を行う事では無くライフスタイルや少しの気配りです。
私自身が心がけているのは、十分な睡眠をとる事とイライラしない様にすること。

眠りは、良好なお肌と健康的なからだを作るために必要不可欠なのです。
もっぱら、夜10時からのゴールデンタイムに良質な眠りをすることが美肌には良いのです。
睡眠って、疲れを取るだけではなくて肌のターンオーバーを正常に保ち、美肌を作り出す為にも大切な役目をしているのです。

良質な眠りへ導くために、肌に塗れるアロマを付けると良質な呼吸になり気持ちが穏やかになります。
加湿にも注意して、肌やのどを乾燥しないようにしています。

また、ストレスをためるのも美容にとってはよくありません。
苛々していると表情に出てしまい、悪いムードを漂わせてしまいます。

からだも緊張状態になり肩こりが出たり、知らぬ間に不機嫌な顔になってしまいシワの原因にもなってしまいます。
イライラの元を解決して肩の力を抜いて朗らかな表情で過ごすことが美容で必要なことです。