常に快適に過ごすことが美容面で大切

一つ目は、肩の位置や背筋を意識しています。
ウォーキングの際には下腹部を凹ませながらあるき進める事で体幹エクササイズになっています。

あとは、咀嚼力をつけています。
「咀嚼」の大事さは挙げたらキリがありません。
食事の有り難みも感じられます。

あとは、自身の身体に素直に向き合う。
カラダが喜ぶことをするのです。
時間をかけて入浴したり、リンパマッサージをしたり・・・。
自分の体を大切に扱うこと。

食欲に従い好きな時間に気の済むまで食す。
満腹を超えるほど摂り続けると身体がストレスをかんじるしデブになるし良いことがない。

ストレッチなどは思い立った時に行う。
くたびれているのにダイエット運動など行ったらからだはいっそう疲労してしまいやりたくなくなってしまいます。
思い立った時にやり始める運動の気持ちよさは格別です。

四つ目は、部屋をキレイにする。
これもある種の美容法で、美意識が高い女性は家の中も清潔にしています。
ちゃんと掃除・整頓された自宅は心地よいものです。
ハッピーな気分になるとそれが表情にもでるので柔らかい顔つきになります。

常に快適に過ごすことが美容面で大切だと確信しています。
常に紫外線を避けるように気を使っています。
特に車の運転をしているときは紫外線が当たってしまうので気遣っています。

部屋の中ではさほど気をつけていませんがそうできるのは遮光のカーテンをつけているからです。
紫外線の影響が言われ出してから家中のカーテンは遮光に変えたのです。
ですので部屋で過ごしている時は紫外線のことを忘れられます。

窓の側にいても大丈夫。
明るい場所が好きだから窓のそばで読書をしたりするのですけどレースカーテンも遮光のものなので日焼けする事はありません。
遮光のカーテンのチカラに驚いています。
昔はただのレースカーテンでしたから部屋に居ても窓際に居るだけですぐ日に焼けていました。

車に乗っていると紫外線を阻む事はできません。
特に顔ですね・・・。

だから午後に車の中に光が入ってくるようになったら車には乗らないようにしています。
車を使うのは真昼間の日差しが注がない時だと決めています。
そして紫外線防止用の長い手袋をつけています。

若い頃は夜通し遊びに出掛けたり、お酒を飲み過ぎたり、多少、スキンケアをさぼっても、そこまで早くお肌に出てくることはありませんでした。
40近くなってから思ったのですが、食べ物や睡眠時間、スキンケアに手を抜いた場合など、絶対に翌日のお肌に変化が出てしまいます。

だから、どれほど疲れていたとしてもかならず化粧は落とす事、しかも、なるべく、シャワーを浴びるだけでなく、浴槽に入るようにして、体をちゃんと温めて新陳代謝を少しでも促進させ、きちんと睡眠をとることを心がけています。

食事の内容についても、栄養素が多く含まれている野菜中心にしたものをたくさん摂るように意識しています。
たりていないものはサプリで補うようにして、普段から、摂ります。

面倒くさいと感じることがあるのですが、顔を洗った後の肌ケアもちゃんとする事も、面倒くさがりのわたくしは、乳液の入った化粧水を使用していますが、自分のお肌にあった物でを使うようにしています。
あとは、一週間に一回のパック!年を重ねると衰えはどうしてもでてきますが、いまやっている事をずっとやり続けて何時までも、若々しさを維持したいなって考えています。