何度も実写化されたコミックヒーローの決定版

男のなら子供の頃に一度は憧れたであろう、テレビの向こう側のヒーロー。
コミックヒーローの映画作品といえば現実離れした所に魅力があり、観ている者はその別世界に引き込まれる感覚がそういった作品の魅力の一つではないでしょうか?

しかし「ダークナイト」という作品は、いわゆる典型的なヒーローものとは一味違います。
ご存知ない方のために補足しますが、「ダークナイト」という作品はアメリカンコミックのバットマンの実写作品シリーズ第2弾です。
まだご覧になられていない方は1作目の「バットマンビギンズ」からご覧になることをオススメします。(バットマン作品は他にも製作されており、それぞれシリーズ化されていますので間違いのないように。)

さて本題です。では、本作品でクリストファー・ノーラン監督が描いたバットマンは他のアメコミと何が違うのか。
作中の舞台となっている「ゴッサムシティ」という街や、バットマンが使用する武器、移動時に活躍する「バットモービル」など、すべて架空のものなのですがあたかも実際に存在し現代の技術でもしかしたら作れそうかも?と思わせるものが登場します。

その「もしかしたら…」と思わせることで現実世界とコミックとの境界線が曖昧になり、その世界感へと没入させてくれているのかもしれません。
そこが他のコミックヒーローモノの作品との違いではないでしょうか。
映画と現実の境界線を感じて頂きたいと思います。

家族の大切さを教えてくれる映画

私がおすすめする映画はリメンバー・ミーです。
この映画はディズニーから出ている映画なのですが、いい意味で今までのディズニー作品にはない新しいジャンルを生み出したような作品になっています。
ディズニーというと、プリンセスがいて王子様が出てきてというような、どちらかというと子供向けや女の子向けの作品が多いイメージですが、この映画は子供が楽しめるのは勿論、ディズニー作品があまり好きではない大人でも十分楽しめるような作品になっています。

また映画はメキシコの死者の祭りという行事を舞台に展開されていきます。
なので、映画の中にはたくさんの骸骨が出てくるので、ディズニーらしくない、怖そうなイメージがあるのですが、そこは流石ディズニーです。
ディズニーらしい音楽と色使いで見ている人を楽しませてくれます。

そしてこの作品で一番注目してもらいたいのが、主人公ミゲルと家族の絆です。
この作品を見て家族の大切さを改めて感じることができました。
個人的にディズニーの作品は大好きなのでほぼ全ての作品を見てきたのですが、ディズニーの作品でここまで泣ける映画は初めてでした。

なので是非、今家族とうまくいっていなくて悩んでいる人や、逆に家族を大切に思っている人、家族と会えなくて寂しい思いをしている人など、たくさんの人にこの映画を見てもらいたいです。
この映画を見終わった後には、あなたの大切な家族に会いたくなること間違いなしです。

感動系かと思ったら意外と面白かった映画

私が観て良かったと感じた映画はキッドです。
ブルース・ウィリス氏主演の映画で、大人になった主人子が過去の自分と出会うというストーリーです。
私はあまり感動系は好みではなく、アクションやミステリー系にしか興味はありません。

キッドはたまたまテレビで放送していたのですが、特に観たいものもないし、一度くらい観てみるかと思ったのです。
しかしながら冒頭から物語に引き込まれてしまい、観終えた後はこんな面白い映画があったなんてと感激したものです。

なんといっても作品全体の雰囲気が良いです。夢も希望もなくしたブルース氏演じる主人公が、夢と希望に満ち溢れていた子供時代の自分と出会い、お互い言い合いしながらも成長していく構図が溜まりません。

たぶんですが、ブルース氏だからこそ憎めない主人公になったのだと思います。
しかもただの感動系ではなく、ラストには驚きが待っています。
その驚きがあったからこそ、私は観て良かったと心底思ったのです。

観てよかったミステリー映画「祈りの幕が降りる時」

私が観てよかったと思った映画は、「祈りの幕が降りる時」です。

新参者シリーズの最新作ですが、濃密なミステリーでありながら、究極の愛に溢れたストーリーとなっていました。

ミスリードを上手く組み込んだ構成はミステリーとして完成度が高く、複雑に絡み合った謎は、しっかり観ていないと混乱してしまうくらいです。

その反面で、大切な人を守りたい、と思う登場人物の愛に溢れている内容となっていました。
その思いやりのある優しい行動が明らかになった時、ふと涙が伝っていることに気付くくらい、心に響くものがありました。

また、そんなストーリー構成を、松嶋菜々子さんや小日向文世さんといった、演技派の俳優陣が盛り上げていました。
登場人物の細やかな感情を表現していて、その演技力にも目を見張るものがあります。

観た後は大切な人に会いたくなるような、大人が泣いて楽しめるミステリーになっていました。
優しい気持ちを思い出すことができ、観て本当に良かったと思います。

近くにあるDVDレンタルショップを探しているなら

布コレクションとミシンで小物作り

なんでも三日坊主で飽きてしまうのが私の欠点です。

でも唯一ずっと続いている趣味があります。
それは手芸屋で可愛い生地を見つける事とミシンを使っていろいろな布製品を作ることです。

布は一メートルで千円以上する物もあり意外に値段が高いので手芸用品店に通って掘り出し物を見つける事が私の日課となってるほどです。
気に入った布を見つけたら作るものが決まってなくても買える時に買う事大事です。
今必要ないからと思って買わないでいると次回その布が売ってなくてがっかりという経験を何度かしてからは欲しい布は買える時に買うと決めました。
今では押入れがパンパンになるほど布のストックがあります。そしてその布コレクションに見入ってしまいます。

これだけ布があれば暇で家でなにもする事がない時にミシンを出して暇つぶしができます。
最近はお友達の子供の誕生日プレゼントに好きなキャラクターの布で作った枕カバーやバッグなどを作りました。
また来週には仲の良い友達が出産予定なので可愛い布を使ってよだれかけやおむつケースなどを作ってプレゼントしようと思っています。

ミシンを使っての小物づくりは無限大です。
三日坊主の私でもずーっと続いてる趣味、大切な趣味です。

おなかいっぱいすきなものを食べたとき

幸せを感じる瞬間は、おなかいっぱいすきなものを食べたとき!
すきなものといえば、大好きなパン屋さんの焼きたてパン。
これがあればすぐに幸せな気持ちになります。

私の家族は皆パン好きなので、休みの日の朝は朝食をパン屋さんの焼きたてパンにすることがあります。
サンドウィッチや焼きたてのロールパン、子どもが喜ぶキャラクターパンなどを選んでいる瞬間もまた幸せな気持ちになります。
休みの日の気楽な気持ちに、大好きなパンってだけで最高ですし、朝食を作らなくていいなんてなんて幸せ!!
家事を一休みして、美味しいコーヒーを淹れてゆっくり焼きたてのパンを味わうなんて慌ただしい主婦には幸せ幸せ。
毎日こんだてに迷って、育児の合間に作った自分の料理より確実に美味しいし…。笑

毎日こんなゆっくり出来る時間があれば良いですが、たまに感じるからこそ幸せが増すのかもしれないですね。
主婦には休みがないです。忙しくいられるのもある意味では幸せなことですね。健康でいられる証拠ですから。

一緒にいられる幸せ

最近、遠距離恋愛をさしていた彼と同棲を始めました。そのこと自体幸せなのですが、ふとしたときに特に感じます。

彼は仕事が忙しく帰ってくるのが遅いので、ごはんを作って自分だけ先に食べてしまいます。その後帰ってきた彼に食事を提供するのですが、本当に美味しそうに食べてくれるんです。その姿を見ていると、本当に今一緒に住んでいるんだなあと実感して、幸せな気持ちになります。

また、今までなら一緒にいられる時間が決まっていた分、どこに行こうか何をしようか等、予定を忙しく決めていましたが、今はゆっくりできることにも幸せを感じますし、お別れの時間がないので嬉しいです。
バイバイすることが一番辛かったので、今一緒いられて幸せだと思います。

2人で住んでいる、2人で生活していることの有り難さと、彼の優しさに日々感謝しています。1日1日を大切に過ごしながら、小さな幸せを噛み締めて、これからも幸せを実感していきながら仲良く暮らしていきたいと思っています。